壁から音がする?ウォーターハンマー現象って何?

壁から音がする?ウォーターハンマー現象って何?

 

壁から音がする?ウォーターハンマー現象を知っていますか?

 

蛇口をしめた後やトイレを流したあとに、壁から「ドン」や「コーン」といった音がすることはありませんか?

壁の中をハンマーで叩いたような音がするこの現象は『ウォーターハンマー(水撃作用)』といいます。

どこかが故障していたり、水漏れがある訳ではありません。

しかし、一度気になると異音が聞こえるたびに原因が何かと心配になるのではないでしょうか?

集合住宅ではご近所にまで響いていないか不安になります。

ウォーターハンマーとは一体何なのかについてご紹介します。

 

ウォーターハンマーの原因

 

水撃作用(すいげきさよう)またはウォーターハンマー(英: water hammer)とは、水圧管内の水流を急に締め切ったときに
水の慣性で管内に衝撃と高水圧が発生する現象である。
弁の閉鎖や配管の充水時、ポンプの急停止といった急激な変化によって生じる。
(出典:ウィキペディア)水撃作用

 

例えば、一方向に進んでいた車の列で先頭の車が急ブレーキをかけたとします。

すると次々と玉突き事故が発生してしまいます。

同じように蛇口を急にしめることで、配管内の圧力が急激に変化し水同士がぶつかり衝撃が発生します。

しかしこれだけでは異音はしません。

先ほど説明した衝撃により水道管が揺れ、水道管が壁などにぶつかることで衝撃音が響いてしまうのです。

また、「カタカタカタ」という音が響く場合は水道管を固定している壁や床が振動している音です。

それがウォーターハンマーの音の原因です。

蛇口の開閉だけでなく、全自動洗濯機や食器洗い機などの動作中に給水弁が自動で開閉する際にも「コン」という音が発生します。

その音も同じくウォーターハンマーによるものです。

 

ウォーターハンマーは放っておくと危険

 

水道管が壁などにぶつかる衝撃音がウォーターハンマーということがわかりました。

水道管の同じ場所が何度も何度もぶつかっているということは、いずれ破損する可能性があります。

固く頑丈な水道管でも、同じ場所に何度もダメージを受けていると必ず破損してくるということです。

古い配管は特に注意してください。

 

漏水などの事故にも繋がりますので何らかの対策が必要です。

また、継続的に衝撃や振動が加えられると、配管に接続されている給湯器などのセンサー類が損傷することもあります。

 

増加するウォーターハンマー現象

 

ウオーターハンマー現象

 

近年ウォーターハンマー現象が増加傾向にあります。

理由は2つあり、1つは全自動洗濯機や食器洗い洗浄機などの利便性の高い家電が増加し、それに伴い自動で水栓の開閉をする家電(水を急に止める器具)も増加していること。

もう1つは、高台への建築や3階建て住宅、建築物の高層化や住宅の過密化で給水量・給水圧力を増加せざるを得ない自治体が増えたことです。

急にウォーターハンマーが出始めたら上記の可能性も考えられます。

ウォーターハンマーに悩んでいる方は対策を考えてみましょう。

 

ウォーターハンマーの対策

 

※水圧や配管の長さや勾配、流速など様々な状況が重なって、ウォーターハンマー現象が発生します。

紹介する対策は必ず効果があるという物ではありません。

 

  • 蛇口の開閉をゆっくりにする
  • シングルレバー式の水栓は急な操作になりがちなので注意が必要です。

  • 配管の調査
  • 固定金具が外れている、破損している為に水道管が大きく振動していることもあります。

    固定金具の増設や配管の見直し(口径のサイズ等)も同時に相談してみましょう。

  • 水撃低減器の取り付け
  • 様々なタイプがあり、配管の途中に取り付けるものや水栓のハンドル部分に取り付けるものなど多種多様です。

 

まとめ

 

  • ウォーターハンマーは水の衝撃で配管が振動することで起こります
  • 今後ますます増加する可能性が高い
  • 洗濯機の給水が終わる時の「コン」という音もウォーターハンマー現象です
  • 放置しておくと、漏水や器具の破損に繋がります