「大雨でトイレが逆流するって本当!?」その原因と対策

「大雨でトイレが逆流するって本当!?」その原因と対策

「大雨でトイレが逆流するって本当!?」その原因と対策

 

突然のゲリラ豪雨や、台風、豪雨をもたらす前線の影響が心配される季節に突入しています。

1日で1か月分の降水量に達する地域もあり、近年豪雨には注意が必要となっています。

豪雨の凄まじさを報道するニュースで、排水が追い付かずマンホールを持ち上げるほど水が溢れている映像を見たことがあるかたも多いのではないでしょうか?

 

凄まじい豪雨の際、トイレのトラブルが起こることがあります。

トイレからゴボゴボと音が聞こえてくる、逆流してきたなど、トイレが使用できない状況になることもあるのです。

 

豪雨とトイレトラブルの関係についてご紹介します。

 

豪雨の際のトイレトラブル、原因は?

 

豪雨とトイレのトラブルは、一見関係ないように思えるこの2つは、排水管で繋がっています。

 

雨水と汚水は通常別の排水管を通っていますが、「記録的豪雨」「観測史上初」などのように、想定以上の雨で雨水が排水管に流れ込むと排水管がパンクしてしまうのです。

排水できる水量よりも降水量が上回るという事です。

 

その時、下水道本管内の空気が押し出され各家庭側の排水設備に押し戻されることがトイレのトラブルに繋がります。

トイレからゴボゴボと音がしたり、便器の水が上昇していたり、逆流するのはすべて押し戻された空気圧によるものです。

 

豪雨の際のトイレトラブルの対策

 

排水桝の蓋を開けて圧を抜く

排水管内の圧が高くなっていることが原因でトイレのトラブルが起こります。
圧を抜くことで解消されることがあります。
冠水している場合、蓋が流されないように気を付けて下さい。

 

『水のう』で蓋をする

2重にした大きめのビニール袋に水を入れて結んだものを水のう袋と言います。
水のうを便器内に置き排水口部分に蓋をすると逆流を防止する効果があり、ボコボコという音も鳴りにくくなります。
トイレ以外にもお風呂や洗面台、キッチンの排水口にも水のうを置いておくと安心です。

※水のうを自分で作るのが難しい場合は、販売もされているので、購入も可能です。

水のう 通販、などで検索すれば多くの業者が販売しています。

 
浸水前の対策水のうで下水の逆流を防ぐ
 

画像引用

国土交通省/pdf
資料:新潟県見附市「豪雨災害対応ガイドブック」
 

雨がやむのを待つ

雨が弱まり下水道が本来の処理能力を回復すると、徐々に圧も下がっていきます。
トイレも通常通り使用できるようになるはずです。
雨が上がって半日以上たってもトイレの水位が正常に戻らない場合は、水道業者やお住いの自治体に相談してください。

 

物を床に置かない

トイレから水が逆流し溢れ出すと、床に置いているものに汚水がかかります。
被害を最小限に抑える為にも床に物を置きっぱなしにしないようにしましょう。

 

側溝の雨水桝を塞がない

段差解消のためのスロープやプランターなどで雨水桝を塞いでいる人がいます。
また枯れ葉やゴミが詰まったままになっていることも、雨水が道路に溜まる原因となります。
その結果雨水が下水道にも流れ込み、下水管の機能のパンクに繋がります。

 

まとめ

 

・排水管に雨水が入ることで豪雨の際トイレにトラブルが起こる
・下水道内の空気が押し戻されて圧が高まることでトイレのゴボゴボという音や逆流に繋がる
・トイレから異音がしたら念のため床に置いているものを撤去しておく
・豪雨の時トイレの逆流を防ぐには水のうを置いておくと良い

 

 

突然の豪雨・雨漏り浸水から住宅や財産を守る方法