水道管の凍結予防と凍結防止の対策をしませんか?

水道管の凍結予防と凍結防止の対策をしませんか?

 

水道管の「凍結」を体験したことはありますか?

 

温暖な地域の人が水道(水道管)の凍結を体験する機会は少ないと思いますが、寒冷地では冬の朝に水道管が凍結してしまい、水が出ないということが起ります。

しかし、寒冷地ではなくても条件によっては水道管が凍結してしまう可能性があり、首都圏も例外ではありません。

東京都でも凍結の可能性がある為、東京都水道局のホームページにも「水道管の凍結について」の情報が掲載されています。

 

水道管の凍結について

水道管にも冬支度を

冬の季節、寒くなって気温が低下すると、屋外の露出している水道管は、中の水が凍結し断水したり、管が破損することがあります。そうならないよう水道管にも防寒対策を行ってください。

ご家庭でできる防寒対策

 水道管が直接外気に触れないよう、保温材を巻きつけ、その上からヒモでしばって固定し、保温材が濡れないようにビニールテープ等で下からすきまなく重ねて巻きます。

※保温材は、市販されているものの他に、毛布・発泡スチロール等ご家庭にあるものでも代用できます。

※万一凍ってしまった場合は、自然に溶けるのを待つか、凍った部分にタオルを被せ、ぬるま湯をゆっくりかけて溶かしてください。いきなり熱湯をかけると、水道管や蛇口が破裂することがあります。

東京都水道局:暮らしと水道「水道管の凍結について」

 

また、毎日新聞によると、2016年1月には九州・山口地方の強い寒波の影響で福岡県など8県で水道管凍結による大規模な断水が起こりました。
「九州11万世帯断水 水道管が凍結、破裂」
 

 

東京都・埼玉県・神奈川県の1月の平均気温は?

 

東京都(観測点)1月の平均気温

 

東京都の観測点は、冬場の気温が比較的下がりそうな観測地点を記載させて頂いております。
予めご了承ください。

 

「東京都 小河内の気候」1月の平均気温が1.3°C、最低気温は、-2.7°C

「東京都 青梅の気候」1月の平均気温が2.8°C、最低気温は、-2.5°C

「東京都 練馬の気候」1月の平均気温が4.6°C、最低気温は、0.4°C

「東京都 東京の気候」1月の平均気温が5.2°C、最低気温は、0.9°C

 
※統計期間:1981~2010

 

埼玉県(観測点)1月の平均気温

 

「埼玉県 さいたまの気候」1月の平均気温が3.6°C、最低気温は、-1.5°C

「埼玉県 寄居の気候」1月の平均気温が3.1°C、最低気温は、-1.9°C

「埼玉県 熊谷の気候」1月の平均気温が4.0°C、最低気温は、-0.7°C

「埼玉県 熊谷の気候」1月の平均気温が3.4°C、最低気温は、-1.8°C

「埼玉県 秩父の気候」1月の平均気温が1.6°C、最低気温は、-4.2°C

「埼玉県 鳩山の気候」1月の平均気温が2.4°C、最低気温は、-3.9°C

「埼玉県 越谷の気候」1月の平均気温が4.1°C、最低気温は、-0.5°C

「埼玉県 所沢の気候」1月の平均気温が3.6°C、最低気温は、-0.85°C
 
※統計期間:1981~2010

神奈川県(観測点)1月の平均気温

 

「神奈川県 海老名の気候」1月の平均気温が4.6°C、最低気温は、-0.7°C

「神奈川県 横浜の気候」1月の平均気温が5.9°C、最低気温は、2.3°C

「神奈川県 辻堂の気候」1月の平均気温が6.1°C、最低気温は、1.6°C

「神奈川県 小田原の気候」1月の平均気温が5.3°C、最低気温は、0.6°C

「神奈川県 三浦の気候」1月の平均気温が6.4°C、最低気温は、2.5°C

 
※統計期間:1981~2010

 

となっています。

実際は、観測地点や条件によって、気温は変わる事が考えられます。

 

水道管の凍結が起こりやすい条件は?

 

以下の条件では、水道管の凍結が起こりやすくなります。

  • 気温がマイナス4℃以下
  • 風が当たりやすい場所
  • 日の当らない場所
  • むき出しの水道管
  • 長期間水を使用しない水道管

 

水道管が凍結すると起こる事態

 

水道管の凍結は、水の入ったペットボトルを冷凍するとペットボトルがパンパンに膨張するのと同じことが起こります。

配管内の水が凍り膨張することで、水道管が割れたり接続部分が破損する事があります。

漏水が発生し修理代や水道料金がかかったり、集合住宅で他の部屋へ水漏れしてしまい、その被害の弁償などで非常に大きな出費となってしまったという事例もあります。

 

凍結の予防方法

 

  • 少量の水を出し続ける
  • 水滴が落ちる程度~糸状に出しておくことで、水道管内の水が動き続け凍結しづらくなります。

  • 風除けをする
  • 外部の水道管で風が強く吹き付ける場所であれば、囲いや風除けを設置する。

  • 水道管に保温材や布を巻く
  • 使い古しのタオルや布でもある程度の効果は得られますが、厳寒時には効果が期待できません。

  • 水抜きをする
  • 一般的な方法として、蛇口から水を出しながら元栓を閉める方法があります。
    元栓を閉めてから蛇口を開けても水道管に残っている水は抜けていきます。

  • 不凍液を入れる
  • トイレやトイレタンクは完全に水を抜くことができません。
    旅行などで長期間使用しないときは不凍液を入れることで凍結の予防になります。
    (トイレのトラップの水が凍結し、便器が破損することもあります)

 

凍結してしまったら!!

 

凍った部分にタオルなどを巻き、お湯をかけてゆっくり溶かしましょう。

水道管に直接熱湯をかけたり、火であぶったりしないでください。(配管の破損や事故に繋がります)
電源が近くにある場合はドライヤーで温めることでも解凍できます。

ドライヤーをつけたままその場を離れると危険ですので、根気よく温めてみてください。

また、自然に溶けるのを待つという方法もあります。

夜から明け方にかけての凍結がほとんどなので、朝になり気温が上がってくると軽度の凍結なら自然と解凍されることも多いです。

※建物によって水道管の素材や設置方法などが異なります。
 上記の方法を参考にしての、凍結や水道管破裂などの事故には一切責任をおいません。

 

まとめ

 

  • 寒冷地ではなくても冬は水道の凍結に注意が必要
  • 気温がマイナス4℃以下になるときは凍結の対策をするす
  • 長期間外出する際は水抜きをしておく
  • 水道管に直接熱湯をかけるのは危険