水漏れしているかも!? 自分で出来る!セルフ漏水調査方法

水漏れしているかも!? 自分で出来る!セルフ漏水調査方法

水漏れしているかも!? 自分で出来る!セルフ漏水調査方法

 

水道局からの漏水している旨のお知らせで漏水を知る方や、いつもより水道代が高額になっていることから漏水を疑う方など水漏れ箇所を特定したいと思う理由はそれぞれでしょう。

 

水道管はご存知の通り、地下に埋められています。

その為、老朽化や地震や凍結などによって水道管から漏水していたとしても発見することが難しくなっています。

 

漏水調査診断士に調査を依頼すると料金が発生してしまいます。

まずはご自身で調べられることから調べてみましょう。

 

水漏れ調査は消去法

 

水栓・配管を1つ1つ調べていき、疑わしい箇所を重点的に調べます。

疑わしい箇所とは湿っていたり、水が溜まっている箇所です。

 

土が湿っていることや濡れていることから漏水を疑った場合、天候に関係なく同じ状況であるのかという点を観察します。

1箇所ずつ漏れのない箇所を明白にしていき、残った箇所が水漏れの可能性がある、というように確認していく方法を消去法といいます。

 

しかし、まずは本当に水漏れをしているのかの確認から始めます。

一番お勧めの確認方法は、量水器の観察です。

 

全ての水栓を閉めいるのに水道メーターの真ん中にあるパイロットがゆっくりと回っていたらどこかで水漏れしている状態です。

最低でも約10分は量水器の動きを観察してください。

 

水道メーターイメージイラスト

水道デジタル・アナログメーターイラスト

 

目視で調べる

 

最初に述べた通り、水道管は地下に埋められています。

地下に埋められている部分はもちろん目視で調べることはできませんが、水栓や家の中にある配管をすべて確認してみましょう。

 

水は無色透明でわかりづらいので、手で配管を触って水漏れの有無を調べても良いかもしれません。

その際、配管に付いた水滴と間違わないように気を付けて下さい。

 

配管からの水漏れと間違えがちなのは、食洗器や洗濯機などの水を使う電化製品の水漏れです。

ベランダや散水栓などの外にある水栓も忘れずに目視や手で触って確認してみましょう。

 

よく水が出しっぱなしになっている箇所

 

蛇口の締め忘れなど、水漏れではなく勘違いや早とちりの可能性もあります。

水が出たままになっても気づきづらい箇所をご紹介します。

 

トイレが流れっぱなし

 

トイレを使用していないのに、タンクから便器にじわじわと水が流れ続けているケースです。

これはタンク内の部品が壊れていることで起こる不具合で、タンク内に水が溜まるのが遅くなるためトイレの使用にも不便だと思います。

また、温水洗浄便座などの故障でパーツから水漏れしている場合もあります。

 

洗濯機の給水栓

 

洗濯機の給水栓は壁から出ている蛇口のようなタイプがほとんどだと思います。

洗濯機を使用していない時も、洗濯機の給水栓を閉めていない人が大半ではないでしょうか?

蛇口とホースを繋ぐ金具が上手く接続出来ていないと、そこから微妙に水が漏れているときがあります。

金具の劣化などでも水漏れが起こることがあります。

 

外水道

 

散水栓や立水栓など屋外に設置されている水道です。

蛇口にホースを付け手元部分で水を出したり止めたり出来るシャワーヘッドを使用していて、手元で水を止めて元の蛇口を閉め忘れるということがあるようです。

見た目にはわからないくらい少しずつ水が抜けることがあります。

毎日使用せず週に1度水撒きをしたり洗車の為だけに外水道を使用するといった場合発見が遅くなってしまいます。

 

シャワースイッチ

 

シャワーのヘッドにボタンがあり、一時的に水を止めるものです。

子供の体を洗ったりペットを洗うなど便利な機能ですが、元の水栓を閉め忘れると少しずつ水が出ていることがよくあります。

 

凍結による水漏れ

 

寒い時期に配管や蛇口内の水が凍り、膨張することでひび割れを起こすことがあります。

外水道や給湯器などは特に凍結による水漏れが多い場所です。

それでも水漏れ箇所がわからない場合は、業者に任せる。

 

目に見える場所で漏水していなかったら、素人の方で漏水箇所を特定するのは非常に難しいです。

ですので、水道業者などに相談することをおすすめします。

 

業者は探知機や音で水漏れを発見するための器具などを使用して、簡単には発見することのできない漏水も探し出すことが出来ます。

水漏れは放っておくと深刻な被害にも繋がるため、業者に頼むことで費用はかかりますが場所の特定と修繕は必要です。

 

まとめ

 

・漏水しているかは量水器のパイロットを観察して判断する
・漏水調査は疑わしい箇所を1箇所ずつ調べていく消去法で行う
・漏水ではなく水が出たままになっていて気付いていないこともある
・手元で水を止められるシャワーヘッドは元の水栓を閉め忘れに注意
・自分で漏水個所を見つけられなかった場合は業者に相談する