配管・排水管の詰まりを解決するプロの道具と技術

トーラー、ローポンプ、ラバーカップイラスト

 

配管・排水管の詰まりを解決するプロの道具と技術

 

突然の水回りのトラブル!

かなり焦ります。

朝トイレを使ったが、水が流れない、キッチンやお風呂、洗濯機の排水が流れず溢れてきた。

普段は、こんな水回りのトラブルとは無縁だと思っていたのに、予期しない時に突然襲ってくる水回りのトラブル。

水道専門業者に依頼するか、それとも自分で何とかしてみるか?

JMSにも毎日多くの水回りのトラブルでご依頼やご相談のご連絡を頂戴しておりますが、お話をお聞きしていると、最初は原因の特定を兼ねて自分で何とかしようとしますが、最終的にご連絡を頂くお客様や

直ぐにご連絡を頂くお客様など様々です。

 

水回りのトラブルが起きた時の水道業者選びのポイント

 

水回りのトラブルが起きた際、迷うほどたくさんの水道業者がありますね。

高額な支払いを要求されたり手抜き作業をされないためにも業者選びは大切です。

業者を選ぶときに参考にしていただきたいのが、「指定給水装置工事事業者」というもので、これは、水道局から給水装置工事をちゃんと施工できる水道業者として、水道工事をやっても良いと許可された業者の事です。

一般的には「指定給水装置工事事業者」とゆう言い方よりも=「水道局指定工事店」とゆう言い方をする方が多いかもしれません。
因みに、排水に関する工事は、「指定排水工事指定業者」の許可が必要になります。

 

水道局指定工事店を選ぶメリット

 

  • 身元がはっきりしているので詐欺などの心配がない
  • 専門知識、専門機材がある
  • 大がかりな工事も対応可能(新設・増設など水道局指定工事店でなければできません)
  • もしトラブルになっても水道局に相談できる

 

配管・排水管の詰まりを解決するプロの道具と技術

 

ラバーカップを何度も試したけど詰まりが解消されなかったのに、業者にお願いするとあっという間に改善して驚くことがあります。

業者に作業をお願いすると、どのような道具を使って作業をしているか気になりませんか?

プロが使用している道具をご紹介します。

※もちろん道具の力だけではなく、それを使用する作業員の経験や知識により詰まりを解消しています。
 

ラバーカップ

 

排水が詰まった時、まずはラバーカップ(すっぽん)が思い浮かびます。

試してみた方もいると思います。

ラバーカップにも正しい使い方があり、使い方を間違えると詰まりが解消されないという結果に繋がります。

 

ラバーカップには種類があります

 

一般的な形のものは和式便所用、先が出っ張っているものは洋式便所用です。

先の出っ張りを出し入れできる、和式・洋式兼用の物もあります。

排水口用の物は和式便所用と同じ形状で小さく、洋式便所の節水タイプや複雑な形をしたものには和式便所用の
ラバーカップに帽子のつばが付いたようなタイプがフィットします。

違う種類の物を使用すると十分な吸引力が得られないので、トイレに合ったラバーカップを使用してください。

 

ラバーカップの使い方

 

ラバーカップは、シンクや洗面台など多くの排水の詰まりを改善するのに有効な手段ですが、トイレの詰まりを解消する為には、幾つか注意して頂きたい事がありますので、こちらでは主にトイレの詰まりでのラバーカップの使い方や注意点をご紹介させて頂きます。

ラバーカップ種類と使い方
 

ラバーカップは排水口と平行になるようにセットします。

トイレの場合、ラバーカップの先端のゴムが水に浸るように水が少ない場合は、バケツやコップで水を足す。(真空にする為)
逆流していて水が溢れそうな場合は、便器内の水を灯油ポンプやバケツですくって減らしておく。

ゴミ袋やビニールなどで便器をカバーする。(飛び散りを防ぎます)
ラバーカップの柄は出しておきましょう。

これで準備はOKです!

ゆっくり押して、一気に引く。

4~5回繰り返します。

以上が、ラバーカップの正しい使い方です。

皆さんは正しい使い方をしていましたか?

ラバーカップはご自身でも正しく使えば一定の効果がありますので、試してみてください。

 

トイレ詰まりでラバーカップ使用時の注意点

 

ラバーカップが有効なのは、トイレットペーパーなどの水に溶ける紙等を多量に流した時に起きる詰まりです。
誤って固形物を落としたことが原因の詰まりは、ラバーカップの水圧で更に奥に入ってしまう事もあり、ラバーカップ使用が状況をかえって悪化させることがありますので、直ぐに専門業者に連絡をした方が良いです。
 

ハンドルで水を流すのは、詰まりが完全に解消されてから

 

詰まりが改善されたようであっても、いきなりタンクのハンドルを回して、水を流してしまうのは待ってください。

少しづつ流れても詰まりが完全に解消されているとは限りません。

完全に詰まりが解消されていないと、ハンドルを回していっきに水を流す事で、便器から水が溢れて大変なことになります。

先ずは、バケツなどで水を流し完全に詰まりが改善されたのを確認してください。

 
水洗トイレ便座イラスト
 

ローポンプ

 

ラバーカップのかわりにローポンプを使用する業者は多いです。

トイレの詰まりの際使用することが多いですが、その他の排水口にも効果的です。

ハンドルを押したり引いたりすることで、ラバーカップの数倍の水圧を出すことができます。

先端は排水口にピッタリと収まる形状となっています。

小型で持ち運びもしやすく、殆どの水道業者が使用しています。

普段使い慣れている作業員は、数回の使用で溶けない異物が詰まっているかが判断できます。

ローポンプの力はとても強力なので使用し続けると排水管の奥へと異物を押し込んでしまいます。

直ちに中止し、異物を取り出す作業になります。

 
ローポンプイラスト
 

 

トーラー

 

ローポンプでも詰まりが解消しない場合、トーラーを使用します。

詰まりの原因によっては、パイプ用の薬剤を使用することもあります。

トーラーとは、ワイヤーの先端にヘッドというブラシなどが付いていて配管内にぶつかりながら汚れや詰まりを清掃したり削りながら進んでいきます。

ヘッドはコイル状・槍状・ブラシのような形状などさまざまなタイプがあり、状況に応じて付けかえることが可能です。

 

トーラーには手動と電動式があります

 

トーラーには手動と電動がありますが、どちらも先端のヘッドを回転させることで配管内にぶつからせて詰まりを解消させていきます。

古く老朽化した配管の場合、トーラー作業をすることで配管に穴を開けてしまうリスクがあります。

とくに電動トーラーはワイヤーも太く回転のパワーも強いです。

破損のリスクが高いと判断した場合、配管の交換をお客様に提案することがあります。

ヘッドを装着したワイヤーを排水管に差し込む

ある程度差し込んだところで、手動もしくは電動でヘッドを回転させる。

それでも詰まりが抜けない場合は、配管ごと取り替えになります。

 
トーラーイラスト
 

高圧洗浄機

 

水に圧力をかけて勢いよく噴射することで、汚れを落とす機械です。

トーラーよりも配管内を綺麗にすることができます。

詰まりを解消する、という目的でしたら詰まっている排水管のみ高圧洗浄をすれば解消することは可能です。

しかし排水管は最終的に1本に合流しているので、全ての排水管を綺麗にしておくと安心です。

最近、家庭用の高圧洗浄機が人気です。

先端を付け変えて排水管の清掃できるものがあるようですが、複雑に曲がった配管を上手く通すことはとても難しいと思います。

一戸建ての場合は、排水枡の中を見ながら作業すると、汚れが流れてきたかが確認できます。

高圧洗浄は強い水圧で汚れを落としていくので、汚れや跳ねた水が身体や目にあたると危険です。

ご自身で高圧洗浄機を使用する際は十分注意してください。

トーラーと同様に、配管が老朽化している場合は破損の危険があるので高圧洗浄機を使用しません。

 

排水管の汚れを徹底的に除去・排水管高圧洗浄

 

まとめ

 

  • 水道専門業者は豊富な知識と経験で水回りのトラブルを解決します
  • 作業によって料金が異なるのは、使用する機材や高い技術を要する作業だからです