蛇口からの水漏れ、パッキン交換しても直らない時

 

蛇口からの水漏れ、パッキン交換しても直らない時

 

蛇口からの水漏れ、パッキンを交換しても直らない原因は?

 

蛇口をきちんと締めたはずなのにポタポタと水が出てくる、という経験はありませんか?

力を入れて締めると止まることもあるので、気にしていない人もいるかもしれません。

このような症状の多くは、パッキンの摩耗や劣化が原因だと考えられます。

ご自身でパッキンを交換する器用な方もいるようです。

しかし、パッキンを交換したのに水漏れが止まらないこともあります。

それは水漏れの原因がパッキン以外にあるという事です。

パッキンの劣化以外に考えられる、蛇口からの水漏れの原因をご紹介します。

 

パッキンの役割とは

 

  • パッキンのイメージ

    三角パッキンイラスト

    金属と金属では、完全に密着させることが非常に困難です。 その為、間にパッキンを使用することでしっかりと隙間をふさぎます。

    ゴムなどで出来ているためクッション性があり、水漏れを防ぐことができます。

    小さな円形の部品です。

 

パッキンの種類

 

パッキンにはいくつか種類があります。

以下に単水栓の内部のイメージ画像を載せてお行きます。

 
単水栓分解図

 

ケレップ(コマパッキン)

 

単水栓のケレップ(パッキン)イメージイラスト

 

パッキンを交換しても水漏れが止まらない原因

 

1.パッキンのサイズが違う

様々な種類のパッキンがあります。

似ているけど微妙に形状が違うものも多いです。

メーカーによって製造期間やサポート期間が違いますが、10年以上前の蛇口であれば部品の製造も終了している可能性があります。

互換性のある部品を確認したり、購入する際は現物を持って行って確かめることをお勧めします。

無理矢理違うものを設置すると、新たな水漏れや不具合を引き起こすかもしれません。

正しいパッキンを設置するようにしましょう。

 

2.締め付けが緩い

パッキンを交換したあと、その他の部品を元に戻すときに締め付けが弱かったのかもしれません。

柄の長い専用工具があれば力が入りやすく、きつく締めやすいです。

しかし、固く締めすぎると蛇口内に余計な圧力がかかり破損してしまう可能性もあります。

水漏れの状況を確認しながら少しずつ締めていくようにしましょう。

 

3.ゴミが付着している

ケレップ(コマパッキン)を交換しても水漏れが止まらないときは、管の内部にゴミや錆が付着しているかもしれません。

交換するときに、汚れていた場合は綺麗に掃除をしてから新しいパッキンを取り付けるようにしましょう。

 

4.蛇口本体側に傷などがある

金属でできている蛇口本体でも寿命はあります。

蛇口の寿命は10~15年です。

水によって腐食したり傷があったりすると、いくらパッキンにクッション性があるといっても隙間を塞ぎきれません。

長期間使用した蛇口でパッキンを交換しても直らない場合、買い替えを検討してください。

 

まとめ

 

  • パッキンは金属と金属の間でクッションとなり隙間を塞いでいる
  • 掃除をするだけで直ることもある
  • 蛇口の寿命は10~15年
  • 蛇口の内部も腐食したり劣化する

※ご自身での修理に不安がある場合は専門業者へご相談ください。