突然の災害でトイレが使えなくなってしまったら!

 

突然の災害でトイレが使えなくなってしまったら!

 

何時襲ってくるか分からない様々な災害

 

地震は、水道管(給水管や排水管)が埋設されている地面が直接揺れ動くために、ライフラインである給排水に影響が出てしまう事があります。

水害は、反乱した河川などの濁流が、水道管(給水管や排水管)を流してしまう事もあります。

災害によって、水道管(給水管や排水管)が被害を受けると飲料水や、調理、食器の洗浄など、生活面で大きな影響が考えられます。

中でも、水洗トイレの普及率が高い日本では、災害により水道管(給水管や排水管)が被害を受けるとトイレが使えなくなってしまいます。

そこで、今回は突然の災害などで、トイレが使えなくなってしまった!

そんな時の対策をご紹介致します。

 

災害で給水や排水設備にトラブル発生?

 

停電や断水だけならまだ、トイレを使う方法はあります。

しかし災害となると給水や排水設備にトラブルがあるのかさえ、分からない事があります。

そんな状況でトイレを使用してしまうと、排水できずに汚水が逆流してしまったりする可能性がでてきます。

排水設備に問題がないことが確認できるまでトイレの使用はなるべく控えるほうが良いかもしれません。

 

トイレが使えない時どうすればよい?

 

災害時の非常時のトイレと言えば、直ぐに思い浮かぶのは、簡易トイレだと思います。

 

災害時の簡易トイレ埼玉県防災マニュアル

画像引用:埼玉県ホームページ(防災マニュアルブック

 

簡易トイレは、災害などの緊急用としてたくさんのグッズが販売されています。

しかし、災害が起きていて、通販で買い物なんかしている時間も余裕もないそんな時に、ご家庭にあるものを使ってすぐに準備ができる方法をご紹介しましょう。

 

簡易トイレを準備しましょう

 

携帯トイレの準備埼玉県防災マニュアル

画像引用:埼玉県ホームページ(防災マニュアルブック

 

家庭のトイレを使って、緊急用トイレを設置してみましょう。

衛生的に使用するためには、使用回数によってビニール袋の交換が必要になるので、家族人数×必要枚数を準備しておくと安心です。

 

準備するもの

※小便3回分または大便1回分)

  • ビニール袋45リットルくらい(透明でないものがよい) 2枚
  • 新聞紙または古紙                   4~5枚
  • 消臭剤(消臭スプレー、猫の砂など)
  • 専用凝固剤(準備できればさらに安心)

 

準備ができたらトイレに設置をしよう!

 

便器蓋、便座を上げてビニール袋1枚を便器にかぶせます

便座のみを下してビニール袋1枚をかぶせます

新聞紙を1度丸めてから広げて便器の中に敷きます

もう1枚の新聞紙を同じようにして便器の中に敷きます

残りの新聞紙は適当な大きさに裂いて便器の中に入れておきます

設置完了

 

簡易トイレを使ってみましょう!

 

携帯トイレの使い方埼玉県防災マニュアル

画像引用:埼玉県ホームページ(防災マニュアルブック

 

トイレに用を足す

使用したトイレットペーパーを袋の中に捨てる

消臭剤(あれば専用凝固剤)を上から振りかける

便座にかぶせてあるビニール袋だけ取り外して、中の空気を抜いて口を固く縛る

密閉容器などで保管して、汚物用のゴミとして収集してもらう

ビニール袋や新聞紙は小便3回または大便1回を目安に交換しましょう。

トイレの回数を1人が1日に大便1回、小便4回と想定して、家族が7日間以上使用できる量を備えておきましょう。

参照:埼玉県ホームページ(防災マニュアルブック

 

まとめ

 

  • もし排水設備にトラブルがある時はトイレは使わないほうが良い
  • 便座のビニール袋は、小3回または大1回を目安に交換をする
  • 汚物のビニール袋は、ポリバケツや密閉袋などを使って臭いを密閉して保管できると良い
  • 災害時は7日間以上の使用を想定した備蓄があると良い

 

断水時の水洗トイレの流し方

断水!トイレはどうする?断水時のトイレの使い方